群馬県

本と美術の展覧会vol.4「めくる、ひろがるー武井武雄と常田泰由の本と絵とー」

2017年から開催してきた「本と美術の展覧会」シリーズ。その第4弾は、本における重要な要素である、「めくる」動作に着目し、童画家・武井武雄(1894~1983)と版画家・常田泰由(1980~)の作品を紹介する。
本は、ページをめくるごとに物語が進展する。「めくる」ための手の動きと、物語の進行は不可分な要素として私たちの意識に知らず知らずのうちに内面化されているのだろう。私たちは、少ない言葉とイメージ(絵)で展開される絵本を読む時、次の展開への期待をもってページをめくっていた/いるのではないだろうか。ページを「めくる」という動作が不可欠な本の構造は、それだけで物語を想像させてしまう力を内包しているのかもしれない。
日本において子どものための絵画を「童画」と名付け推進した武井武雄は、本にまつわる美術を多数手がけている。子ども向け絵雑誌の絵画をはじめ、本の装幀や、多様な素材と技法を駆使し、こだわりぬいて制作された刊本作品。いずれも本の内容と絵やデザインとが溶け合い一つになることが目指されている。
一方、常田泰由は、身の回りにあるかたちを見つめ、そのドローイングから版画、ペインティング、コラージュ、そして本など、多様な展開を見せている。とくに近年多数制作している本の作品は、断片的なイメージが寄せ集められ、綴じられ、そしてぱらぱらとめくられることで単一の平面作品では得られない効果を生み出している。
本展では、武井武雄と常田泰由の本の作品をはじめ、版画や水彩画、コラージュ、インスタレーションなどを展示。各展示室では作品がめくられていく映像も楽しめる。二人の作家の本と絵とを行ったり来たりしながら、本と美術、二つの接点に思いを寄せてみてほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

ダミアン・ハースト 桜

イギリスを代表する現代作家であるダミアン・ハーストは、30年以上にわたるキャリアの中で、絵画、彫刻、インスタレーションと様々な手法を用い、芸術、宗教、科学、そして生や死といったテーマを深く考察してきた。最新作である〈桜〉

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る