東京都

北斎花らんまん

花は古来より人々に愛され、絵画の主題としても数多く取り上げられてきた。
本展では、北斎やその門人たちの作品から、桜をはじめとした様々な花の作品約100点を展観。花見の対象とされる花、物語に登場する花、意匠として着物や道具に施される花等、生活のあらゆる場面で愛でられてきた花に関する作品を紹介する。描かれた花々を通じて、花を愛でる文化に親しみを感じてほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

本と美術の展覧会vol.4「めくる、ひろがるー武井武雄と常田泰由の本と絵とー」

2017年から開催してきた「本と美術の展覧会」シリーズ。その第4弾は、本における重要な要素である、「めくる」動作に着目し、童画家・武井武雄(1894~1983)と版画家・常田泰由(1980~)の作品を紹介する。 本は、ペ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る