東京都

上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー(東京展)

公式サイト

フェリーツェ・リックス(後の上野リチ・リックス、1893~1967)は、ウィーン工芸学校においてウィーン工房のヨーゼフ・ホフマンらに師事、才能を開花させる。卒業後は同工房に入り、テキスタイルデザインなどを手がけた。彼女のデザインの特徴は、自由な線と生命感あふれる色彩だ。鳥や魚、花や樹木といった身近な自然を組み合わせたデザインは人気を博した。
リチは京都出身の建築家・上野伊三郎と出会って結婚、二つの都市を往復しながら、ウィーン工房所属デザイナーとして活動を続ける。1930年の工房退職後も、テキスタイルだけでなく、身の回りの小物類など、さまざまなデザインに携わった。個人住宅や店舗などのインテリアデザインに加え、第二次世界大戦後には教育者として後進の指導にもあたっている。
本展は上野リチのデザイン世界の全貌を展観する世界初の回顧展。リチの大規模コレクションを所蔵するウィーン、ニューヨーク、そして京都から作品が集結する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る