埼玉県

開館40周年記念展「扉は開いているかー美術館とコレクション 1982-2022」

埼玉県立近代美術館は1982年11月3日、「開館記念展 印象派からエコール・ド・パリへ」の開幕とともに開館した。開館以来、同館は多彩な時代・ジャンルの美術や文化を紹介する独自のテーマの展覧会を多く開催。また、埼玉県ゆかりの作家の作品を核に、これまでに約3,900点を数える国内外の近現代美術の作品資料を収集し、MOMASコレクション(所蔵品展)や企画展、教育普及事業などで紹介している。調査研究や展覧会を通して収蔵作家や作品を様々な角度から捉え直すことによって、異なる作品同士が思いがけない文脈で交点を結び、コレクションは豊かにその枝葉を広げている。
本展では、2022年に開館40年を迎える埼玉県立近代美術館そのものに焦点を当てる。この美術館の原点ともいえる開館前後の活動、黒川紀章の設計による美術館建築、美術館の活動と分かち難く結びつきながら成長するコレクション、コミッションワークやプロジェクトなど、様々な視点から40年間の活動を紐解き、美術館が築いてきた土台を検証するとともに、これからの美術館を展望する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年(東京展) 国立新美術館で2月9日から5月30日まで

1870年に創立されたアメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館は、先史時代から現代まで、5000年以上にわたる世界各地の文化遺産を包括的に所蔵している。 本展では、同館を構成する17部門のうち、ヨーロッパ絵画部門に属

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る