大阪府

企画展「浪花 なりわいづくし」

江戸時代、米をはじめとして全国の農産物・海産物・名産品など様々な物資の集積地であった大坂は商業をはじめ、物流、金融の中心地となり経済都市として繁栄しました。
一方で、摂津名所図会や浪花名所独案内に紹介されているように、市中には有名な社寺、料理屋、豪商の大店、桜や紅葉のみどころなど、諸国から人々が訪れる観光名所が生まれました。
また、夜店で有名な順慶町や、道頓堀・曽根崎新地の芝居街などの盛場も形成され、市民や旅行者の娯楽の場として大変な賑わいをみせました。
経済都市として、また観光都市、遊興都市として繁栄した大坂には、華やかな都市文化を支える多種多様な生業(なりわい)が成立しました。
本展では絵画資料に描かれた「働く人々」の姿から、江戸時代の大坂で営まれた多種多様な生業を紹介します。
生き生きと働く人々の姿を通して、大坂の活気と賑わいをお伝えします。
*前期と後期で展示の一部を入替えます。

企画展示室内には、江戸時代における商家の座敷の再現や、重要文化財 大徳寺玉林院茶室「蓑庵」の構造模型(公益財団法人 竹中大工道具館蔵)など実物大の模型を設置し、2種の建築から住まいと暮らしの様相をお見せします。
*茶室「蓑庵」の実物大構造模型は前期のみの展示となります。

前期展示:1月21日(金)~2月27日(日)
後期展示:3月3日(木)~4月10日(日)
※2月28日(月)~3月2日(水)は展示替えのため休館となります

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る