岡山県

金孝妍「息する瞳 -Breasphere-」/クボタケシ「RIOT」

岡山県ゆかりの若手アーティストである金孝妍、クボタケシによる個展を同時開催する。
金は絵画を“痕跡”として捉え、制作を続けている。水分を含んだ顔料などの材料を用い、重力によって流れていく様を「図」とした作品は、一見すると偶発的な“線”の集合体であるが、なぜかそこには郷愁めいた東洋的美しさを感じることができる。本展では“成羽”に着目した作品を主軸とし、この土地ならではの展示を行う。
クボは兵庫県在住の石彫家。トラバーチンなどの石素材の個性を最大限生かした作品群を展示する。また、2020年に奈義町にて滞在制作(アーティスト・イン・レジデンス)を行った際、新見市の足立石灰工業株式会社より石灰石の魅力を広めたいと相談を受けており、本展では企業から提供された石灰石で制作した新作彫刻もあわせて展示する。そして、作家仲間である金と、いつか実現したいと温めていた「星が生れる前の星に」と題した2人のコラボレーション空間もみどころである。
無機質なコンクリート建築である高梁市成羽美術館で、現代を生きる若手アーティストが「絵画」そして「彫刻」の在り方を問う。

開催概要

直前の記事

長宗我部氏とその時代 ―一次史料がつむぎだす、その実像―

近年、長宗我部氏が活躍した時代に関する歴史的事実とされた定説が覆される事例が増えている。その背景には、当時に記された古文書、いわゆる一次史料の発掘とそれに依拠した研究の進展がある。 さらに、新たな高知県史編さんの準備が進

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る