群馬県

5つの部屋+I 多彩なコレクションで巡る高崎市美術館30年のあゆみ

高崎市美術館は令和3(2021)年度に開館30周年を迎えた。開館以来、近・現代の地域ゆかりの作家を中心に彼らと同時代の国内外作家の作品を収集し収蔵品の充実を図り、展覧会を通して公開してきた。
本展では、5つの展示室を「ふるさとの作家の部屋」「繋がっていく絆の部屋」「ヨーロッパの作家たちの部屋」「前衛と革命の部屋」「寄贈・寄託の部屋 初出品作品を中心に」のテーマで巡り、絵画・版画や彫刻作品、ガラス造形など同館の多彩なコレクションを紹介するとともに、高崎市美術館30年のあゆみを写真や資料で展観する。また、「+I(アイ)」=美術館併設の旧井上房一郎邸の主であり、高崎・群馬の芸術・文化の振興に尽力した井上房一郎の美意識についても資料で紹介する。

開催概要

直前の記事

御大典記念 特別展 よみがえる正倉院宝物―再現模造にみる天平の技―(東京展)

天皇陛下の御即位をはじめとする皇室の御慶事を記念し、正倉院宝物の精巧な再現模造の数々を一堂に公開する展覧会を開催する。 正倉院宝物とは、奈良・東大寺の倉であった正倉院正倉に伝えられた約9,000件におよぶ品々のこと。聖武

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る