愛知県

ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術

ソル・ルウィット《ストラクチャー(正方形として1、2、3、4、5)》1978–80年 滋賀県立美術館 © 2021 The LeWitt Estate

ドロテ&コンラート・フィッシャー夫妻によって、1967 年にデュッセルドルフで立ち上げられたフィッシャー・ギャラリーは、その類い稀な先見性と幅広い活動から、伝説的な存在として語り継がれている。
本展では、近年デュッセルドルフのノルトライン゠ヴェストファーレン州立美術館に収蔵された、同ギャラリーが保管していた貴重な作品や資料と、日本国内に所蔵される主要な作品を通じて、全18作家の活動から1960~70年代のミニマル・アートとコンセプチュアル・アートを振り返る。

開催概要

直前の記事

創業200周年記念 フィンレイソン展 ―フィンランドの暮らしに愛され続けたテキスタイル―(福岡展)

2020年に創業200周年を迎えたフィンレイソンは、寝具などのデザインや生産を手掛ける北欧フィンランド最古のテキスタイルブランド。北欧の自然や植物、文化に着想を得たそのデザインは、歴史を重ねても色あせず、現在でも本社とデ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る