茨城県

幻の大津絵と東海道五拾参次

1835年頃、歌川広重は版元の保永堂(ほえいどう)から「東海道五拾参次」を発表し人気を博した。その後、成功を収めた広重は、生涯20種類以上の東海道を描いたが、その多くは途中で止められたため55枚の全てを描いた版は限られていつ。今回は保永堂版と現存数が少ないため幻と称される丸清版をそれぞれ55点展示する。また、東海道53番目の宿場町である大津では、江戸時代初期から信仰の一環として仏画を主題にした大津絵が描かれた。やがて風俗画に教訓や風刺を含む道歌が書かれるようになり、画題は百種類余まで増えたと言われている。旅人たちは、これを名物土産として購入し全国的に広まった。しかし、安価な実用品として扱われたためか、現存する大津絵は多くはない。
本展では、近年新たに発見された画家・小絲源太郎旧蔵の大津絵など35点を展示。また、岡本一平や茨城県出身の山田みのるなど大正期に活躍した漫画家によって描かれた「東海道五十三次漫画絵巻」や、参考資料として東京国立博物館が監修し、アダチ版画研究所によって制作された葛飾北斎「冨嶽三十六景」(複製木版画)をあわせて紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る