大分県

川瀬巴水 旅と郷愁の風景(大分展)

大正から昭和にかけて活躍した版画家・川瀬巴水(1883~1957)の回顧展。巴水は、日本全国を旅し、天候、四季や時刻の表情を大切にした郷愁を誘う、かつて日本のどこにでもあった風景を、浮世絵の伝統を引き継ぐ技法の木版画で描き続けた。
巴水の版画制作を支えた版元の渡邊庄三郎は、海外にも通用する木版「美」の構築を目指して、絵師・彫師・摺師の共同作業による浮世絵の技術をより高度に進化させ、西洋画の技法や色彩を取り入れ、当時としてはモダンな感覚や画家の個性を引き立てた「新版画」を推進する。その背景には、欧米の機械印刷や写真の登場による浮世絵版画の衰退があった。
本展は、「昭和の広重」とも称された巴水の初期から晩年までの木版画作品の中から、まとめて見る機会の少ない連作を中心に構成し、ノスタルジックな日本風景版画の世界に誘う。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る