兵庫県

開館30周年記念 特別展 限らない世界 / 村上三郎

具体美術協会(「具体」)の中心メンバーとして知られる村上三郎(1925~1996)は、1955年の第1回具体美術展で、ハトロン紙を体当たりで突き破る作品、通称〈紙破り〉を発表。以降、この〈紙破り〉は村上の代名詞ともいえる作品となった。50年代から60年代にかけては、パフォーマンス的要素をもつ作品とあわせ、強烈なストロークで描かれた大型のタブローなどを発表し、平面作品での表現を追求していえる。「具体」解散後は、村上独自のパフォーマンス的要素を持つ作品を発表した。
村上が紹介される時、「具体」の会員としての一面で語られることが多い中、1996年に同館で開催した村上三郎展では、「具体」という枠組みを解体し、一作家、一人の人間としての「村上三郎」の世界に迫った。
本年は、この歴史を画する村上三郎展から、そして村上三郎の旅立ちから25年を迎えた。この記録すべき年に、再び村上三郎展を開催。村上は、1949年より伊藤継郎に師事し新制作協会で発表を続けた。同会展で人物画や風景画を出品するなか、次第に抽象表現へと移行していく。それは、同会の若手作家たちが集った「ジャン会」や新鋭な美術を目指した若手作家グループ「0会」での活動によるところが大きく、「具体」入会前夜の活動を知ることは、村上の「絵画」に対する思考を再確認することになると考える。また、50年頃から終生携わることになった児童を対象とした美術教育の活動を振り返ることは、常に自由で新鮮な創造行為を続けてきた村上の発想の源泉に触れることにもなるだろう。
本展では、「具体」の代表作や70年代の個展とともに、これまで紹介されることが少なかった新制作協会時代の作品を展観。あわせて、〈紙破り〉の資料展示とともに、未発表であった作品制作のためのメモや関係資料、記録写真や映像資料などを加え、約50年にわたる活動を多角的に紹介する。本展は、村上三郎を形作る別の根幹に触れながら、新たな村上三郎像を立ち上がらせる試みとなる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る