東京都

浜口陽三、ブルーノ・マトン展 ― ひとつ先の扉

浜口陽三(1909~2000)は、フランスで新しい銅版画技術を開拓し、20世紀後半を代表する銅版画家として活躍した。作品には柔らかな空間が広がり、永遠の時間が流れているかのようだ。本展ではその浜口作品と共に、日本の芸術・文化に親しんだフランスの画家の一人、ブルーノ・マトン(1938~2020)の銅版画を紹介する。
ブルーノはパリの映画学校を卒業後、短編映画を手がけたが、より直接的に表現を追い求める決意をして銅版画を学んだ。その後、版画や油彩画、アクリル画などを発表しながら、美術評論を続け、短編小説も出版。90年代以降は日本を度々訪れ、「手に思考が宿る」日本の工芸に、西洋の芸術にはない可能性を見出している。彼は、銅版画のプロセス自体が芸術であると捉え、知的な表現を試みた。例えば「隠された音叉」シリーズでは、作家の問いかけやまなざしが、作品に柔らかに刷り込まれている。物静かで饒舌、繊細でユーモアのある作家の内面も一つの要素となり、銅版画と鑑賞者に対話が生まれる。
銅版画には、油彩画や水墨画とは異なる表現の深さがある。二人の作品はベクトルが違うものの、静かな引き潮のように、私たちの中にある感覚を遠くへと導き、星の光のように、その先の世界を照らし出す。浜口作品約20点、ブルーノ作品約50点の構成で展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る