千葉県

ジャポニスム―世界を魅了した浮世絵

19世紀後期~20世紀初めにかけて、大量に海を渡った日本の美術工芸品は、西洋の美意識に大きな影響を与え、ジャポニスムという動向として広がっていく。中でも浮世絵版画は、多くの西洋画家たちに直接影響を与えたことが知られている。西洋の芸術家たちが浮世絵に出会った時、何を新しいと感じ、感動し、自らの芸術に取り入れようとしたのだろうか。この展覧会は、ジャポニスムの画家たちの作品が浮世絵から取り入れた視点をきっかけとして、浮世絵の特性と魅力を再発見しようとするもの。浮世絵の名品を中心に、欧米、ロシアからジャポニスムの作品を加えた約220点を展示する、これまでにないユニークなテーマの浮世絵展である。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る