奈良県

特別企画展 日本のやきもの―縄文土器から近代京焼まで―

日本のやきものの歴史は、縄文土器より始まる。土器の時代が長らく続いた後、古墳時代にはろくろ成形し還元焼成する須恵器が、奈良時代には人工的に釉薬をかける施釉陶が登場する。中世には、素朴な焼締陶が多く作られ、日常の雑器として広く用いられた。桃山時代には、茶の湯の隆盛にともない、斬新な茶陶が盛んに作られ、やきものの世界が活性化する。江戸時代には、まず有田において磁器の焼成に成功し、日本各地で様々な陶磁器が生産された。とくに京焼では、江戸時代前期、野々村仁清によって陶器に上絵具で絵付けする色絵陶器の技術が大成される。多くの典雅な色絵陶器が作られるとともに、江戸時代後期には磁器の焼成も可能になり、文人趣味的な清雅な器も好まれた。明治維新後には衰退の危機もあったが、技術やデザインんを磨いて進化し、多様な魅力を持つ近代京焼の作品が生み出された。
本展では、館蔵の縄文時代から江戸時代までのやきものと、特別出陳の近代京焼を展示する。日本のやきものの悠久の歴史とあくなき創造に注目してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る