静岡県

ジャパンブルー 藍のある暮らし

2021年6月に開館40周年を迎えた静岡市立芹沢銈介美術館。本年度最後となる企画展「冬」編は、芹沢銈介の収集品に焦点を当てた展覧会を開催する。
収集品の中でもとくに人気がある日本の藍染め。被衣(かつぎ)、夜着(よぎ)、火消衣装、刺子の労働着、風呂敷や油単、のれん、馬飾りなど、藍染の名品150点を一挙公開する。
「鶴亀松竹梅文のれん」「寿の字のれん」など、新年をあたたかくお祝いする芹沢銈介の代表作60点もあわせて展示する。

開催概要

直前の記事

ドモン異色作品?

「写真の鬼」「リアリズムの巨匠」…昭和を代表する写真家としての、重厚なイメージが根強い土門拳。一方で戦後まもない頃に発表された、女性の身体をモチーフにした幻想的な組写真≪肉体に関する八章≫などからは、そういった印象とは少

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る