広島県

尾道市立美術館コレクション展 描かれた尾道水道

同館のコレクションは、昭和55年(1980)の開館に始まり、以来、尾道市名誉市民の洋画家・小林和作の作品を中心に形成されてきた。この小林和作を核に、親交のあった日本画家・森谷南人子など尾道ゆかりの作家で構成されている。
本展は「描かれた尾道水道」をテーマに、中根寛が描いた大作『尾道眺望』を皮切りに、中村琢二、中川一政など有名作家、そして小林和作の制作の秘密を知ることのできる水彩画・日本画・油彩画による尾道風景の連作などを展示する。その他、江戸時代に描かれた林寅山「尾道浦絵屏風」を紹介。本作は現在と地形が変わらない尾道水道や島々の情景を正確に描写しており、歴史資料としても貴重な作品である。
本展は、小林和作、森谷南人子など尾道を代表する作家の優品を展示すると共に、同館所蔵の作品の中からアーティストがこよなく愛した尾道水道を描いた作品の数々を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る