新潟県

生誕110年 香月泰男展(新潟展)

太平洋戦争従軍と抑留の体験を描いた「シベリア・シリーズ」で知られる香月泰男(1911~1974)。新潟県初の大回顧展を開催する。
香月は山口県に生まれ、東京美術学校西洋画科に学んだ。1940年頃、後ろ姿の少年が登場する抒情的な画風で注目されるが、43年に招集。満州での従軍とシベリア抑留によって画業の中断を余儀なくされる。47年の復員後、50年代半ばまでは、鮮やかな色遣いで台所の食材や身近な動植物を数多く描いた。57年頃、黄褐色と艶消しの黒を基調とする重厚な表現を確立したのち戦争の記憶を次々に絵画化し、「シベリア・シリーズ」へと発展させた。その画面には、極限状態の苦しみや、鎮魂と望郷の想い、そして、戦地でも失うことのなかった画家としての眼差しが刻まれ、今なお深い衝撃と感動を呼び起こす。
本展は「シベリア・シリーズ」全57点をはじめ、各年代の代表作、関連素描など約150点を制作年順に展示。「シリーズ」成立の軌跡を検証するとともに、香月芸術の多彩な魅力に迫る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る