東京都

池内晶子 あるいは、地のちからをあつめて

池内晶子の美術館での初個展となる。池内は絹糸をつないで帯や紡錘状のかたちをつくり、空間にはりめぐらして、周囲の空気を含みもつ作品を発表してきた。糸のみを用いて造形するミニマムで繊細な作品には一方で、絹糸という素材の持つ歴史や文化的背景、展示会場の場所性など、外部との多様な関わりが織り込まれている。1980年代末より活動をはじめ、近年は東京都現代美術館、国立新美術館のグループ展や新潟での芸術祭に参加するなど活躍。
今回は展示室を大胆につかい、ほぼ現場での制作による新作を発表する。池内は事前に美術館とその周囲をリサーチして場所の特性を受けとめ、この場でしか生まれえない空間を、丁寧な手仕事により準備している。しなやかで力強い世界に出会う、またとない機会となることだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る