山形県

霊地やまがた-最上三十三観音をたずねて-

山形県には「置賜」、「最上」、「庄内」の三つの地域にそれぞれ三十三観音の霊場があり、「出羽百観音」として現在に至るまで親しまれている。このうち開創が最も早いとされる「最上三十三観音」は、2022年にご開帳を予定している。
本展では、来たるご開帳に先立ち、大江町出身の写真家・山本やす子氏による写真と、新庄市出身の洋画家・近岡善次郎による絵画を中心に、最上三十三観音の魅力に迫る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る