兵庫県

特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」

アルフォンス・ミュシャ(ムハ)(1860~1939)は、チェコの南モラヴィア地方に生まれた画家・デザイナーで、19世紀末から20世紀初頭のベル・エポック(美しき時代)に「アール・ヌーヴォー・スタイル」をつくりあげた代表的なアーティストの一人である。人びとの暮らしを彩る優美で華やかなデザインは、現在でも多くの人びとを魅了している。
本展はミュシャがデザインした、ポスター、装飾パネル、はがき、切手、紙幣、ビスケット缶など商品パッケージ、香水瓶ラベル、さらに、デザインを学ぶ学生の教本として出版された「装飾資料集」、「装飾人物集」に加え、ブロンズ像《ラ・ナチュール》など、貴重な作品約500点によって構成される。当時の女性の装いである煌びやかなアール・ヌーヴォーのドレスとミュシャ作品とのコラボレーションは、同館でしか見ることができない展示である。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る