愛知県

橋良文庫と草間文庫 -郷土史家のコレクション-

豊橋では、近藤恒次(1910~1978)が収集した「橋良文庫(近藤恒次収集資料)」と、大須賀初夫(1908~1981)が収集した「草間文庫(大須賀初夫収集資料)」が、郷土史家の二大コレクションといえる。同時代を生きた二人は、ともに教員として教壇に立つ傍ら、郷土史家としても活動し、豊橋市史編集委員や愛知大学綜合郷土研究所員などを務め、東三河における郷土史研究の進展に多大な功績を残した。
本展は、両コレクションに含まれる東三河と遠州に関する貴重な書籍、文書、絵図などを中心に、近世から近代の当地域の歴史を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る