福岡県

田川市美術館開館30周年記念 「起きる、描く、寝る。いきる。」黒田征太郎展

イラストレーター、画家として国内外で活躍する黒田征太郎。彼が生み出す「絵」は数えきれないほど膨大な量に及ぶが、1994年ニューヨークのとある書店で『戦争童話集』(野坂昭如著)に出合ったことで、「絵でイノチと向き合い、絵で伝えていく」という制作の原動力を得た。その後すぐに「忘れてはイケナイ物語り」プロジェクトがスタートし、『戦争童話集』を絵本化・映像化、そしてPIKADONプロジェクトではアートを通して戦争の記憶を次世代に伝え、今もなおその活動は様々な形で広がっている。
本展は「戦争童話集」を中心に、1970年代~現在までの黒田の活動を「イノチ」というテーマを通して振り返る初の展覧会。グラフィックシーンを席巻したK2時代のポスター、「戦争童話集」の挿絵・アニメーション原画やPIKADONプロジェクトのライブペインティング作品、さらには炭鉱から着想を得た作品等が所狭しと並ぶ。
父親が筑豊の炭鉱で働いていたという黒田征太郎のルーツの一つとなるこの地で今、皆さまと一緒にイノチのことを考える機会となってほしい。

開催概要

直前の記事

昭和レトロモダン ―洋食器とデザイン画―

明治以降、長らく日本陶器(現・㈱ノリタケカンパニーリミテド)や名古屋製陶所が先駆けてきた洋食器生産は、昭和初期になると中小規模の製陶所も本格的な事業参入を始めました。 太平洋戦争後には、愛知の三郷陶器や鳴海製陶、岐阜のヤ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る