岐阜県

アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.11 横山奈美

岐阜県美術館では、アーティストの制作活動を身近に鑑賞する機会創出のため「アーティスト・イン・ミュージアム AiM」を実施している。11回目となる「アーティスト・イン・ミュージアム」では、岐阜県出身のアーティスト 横山奈美が同館のアトリエで滞在制作を行った後、その作品を展示紹介。横山は、消費され捨てられる物に光を当て、それを描く「最初の物体」シリーズ(2012~)や、ネオンをモチーフに、ガラス管や背後に存在する配電線、フレームまで克明に描く「ネオン」シリーズ(2016~)など、物を見て描くという行為を通し、私達や物に与えられた役割や制度を再考する。
本展は、12月11日までの約1ヶ月の滞在制作を経ての作品展示期間となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る