香川県

丸亀での現在

「丸亀での現在」チラシビジュアル デザイン:丸山晶崇(株式会社と)

かつて、城下町として発展し、金刀比羅宮への海の玄関口として多くの参詣者も訪れた丸亀。現在は、香川第二の都市として約11万人が暮らしている。
本展は、地方都市の一例として、現代の丸亀に焦点を当てる。地域と関わるアートの現状や課題も含め、現代社会への独自の視座を持つアーティスト3組、KOSUGE1-16、Nadegata Instant Party、旅するリサーチ・ラボラトリーが、丸亀でのリサーチをもとに展覧会をつくり上げる。
2020年春、展覧会の準備段階早々で本格化したコロナ禍で、3組がリサーチの可能性を探り、それぞれのアプローチを生かし、協働することを試みた。個々の表現者から構成される3組のコレクティブによる、丸亀でしかあり得ない現在の実態を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る