NEW 東京都

書家 金澤翔子展「つきのひかり」

公式サイト

金澤翔子が初めて筆を持ったのは、5歳のとき。書道教室を営む母・泰子に師事し、書の道を歩み始めた。
書家としてのデビューは20歳。最初で最後のつもりで催した銀座画廊での個展、そして帝国ホテルでの席上揮毫。
その反響は本人と母の想像を超えて広がり、東大寺や法隆寺など、全国各地からの「書いてほしい」という依頼はいまも途切れることがない。
およそ15年の年月をかけ、訪れたのは日本、海外合わせて1200か所以上。
「元気とハッピーと感動を、心をこめて」そう語る彼女の書は、なぜ、ここまで多くの人を惹きつけるのか。なぜだか涙が出る。そう話す人も少なくない。
書に親しむ人にも、初めて触れるひとにも、金澤翔子の作品を届けたい。そんな想いで、東京・六本木でひらかれる「つきのひかり」。
これまでの代表作を一同に集め、初公開の新作も展示。彼女の集大成であり、新たな一歩となる展覧会となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る