茨城県

いにしえを描く

明治期以降、「歴史画」は日本画の重要なテーマの一つとして、多くの画家たちによって継承され、描かれてきた。
明治維新の急激な欧化政策が落ち着き始めた頃、岡倉天心らが「歴史画」の重要性を説いたことから、各展覧会には歴史に取材した作品が多く出品され、秀作が数多く生まれた。戦後は、戦意高揚に寄与していたことなどから歴史画の出品作が激減したが、安田靫彦、前田青邨といった日本美術院を支えた重鎮たちやその弟子たちによって、その後も熱心な研究がなされた。
本展では、河鍋暁斎、松本楓湖から、下村観山、木村武山、安田靫彦など日本美術院で活躍した画家たちの作品を通して、歴史画の変遷と魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る