三重県

杉浦非水 時代をひらくデザイン(三重展)

公式サイト

愛媛県松山市に生まれ、日本におけるモダンデザインの草分けとして知られる杉浦非水(1876~1965)。日本画家を志して上京するが、洋画家黒田清輝との出会いをきっかけにデザインの道に進んだ。1908年に三越呉服店に職を得ると、27年間にわたって同店の広告を手がけ、巧みなデザインによって一躍その名を知らしめる。本の装丁、パッケージデザインなどにも優れた手腕を見せ、その明るく洗練されたデザインの数々は、今もなお色あせない魅力を持っている。
本展では、ポスターや図案集などの代表作のほか、制作の過程を示すスケッチや写真、遺愛の品々から、非水の生涯をたどりる。東海地方の美術館では初めてとなる非水の大規模回顧展となる。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る