奈良県

名画の殿堂 藤田美術館展 ―傳三郎のまなざし―

本展は2019年春に開催した特別展「国宝の殿堂 藤田美術館展」の続編で、平安時代から近代にいたる各時代、そして日本美術に影響を与え続けた中国まで、同館が所蔵する様々な時代の絵画の名品を一堂に紹介する特別展。
藤田傳三郎(1841~1912)の蒐集にはじまる藤田美術館の絵画コレクションには、日本絵画史を通史的に把握するに十分な作品が擁されている。このたび、藤田美術館と奈良国立博物館が共同で行った収蔵品調査によって、未紹介の重要作品の存在も多数明らかとなった。本展ではこうした初公開となる隠れた名品を含めた展示によって、藤田コレクションの奥深さ、さらには、藤田コレクションが形成された明治時代の日本美術史の様相までを知ることができるだろう。
2022年4月に控えた藤田美術館のリニューアルオープンを前に、一堂に会す珠玉の名品によって、コレクションの魅力を一層深く味わってほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る