大分県

相田みつを全貌展 ~いのちの尊さ ことばのチカラ~

栃木県足利市に生まれた相田みつを(1924~1991)は、戦中戦後の動乱期に書の世界に身を投じ、「いのち」の尊さを見つめながら、独特の文字で自らの言葉を書く作風を確立した。1984年の作品集『にんげんだもの』がベストセラーとなり、広い世代の共感と感動を呼びおこした。本展は、生きる勇気を与えてくれる相田みつをの世界を、代表作をはじめ初公開作品など約130点と貴重な資料を通して紹介する展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る