長崎県

土地の名──土地と記憶をめぐる旅 長崎県美術館コレクションから

その名前が、歴史的・社会的・文化的な文脈の中で、特別な響き、あるいは象徴的含意を持つようになった土地というものがある。たとえば「ゲルニカ」。そして「長崎」もまたその一つです。こうした土地の名は、土地の歴史やそこに生きた人々の記憶や私たちの個人的な記憶と結びついて、私たちの中にさまざまな感情やイメージを呼び覚ます。
本展では、ある土地とその土地の記憶を題材とする作品を同館の収蔵品から選び、「聖地巡礼」などのテーマに沿って展示。作品およびその周りに立ち上がる土地の記憶が、時空を越えた、しかし確実に「今・ここ」、そして未来につながる諸問題をめぐる思索の旅に私たちを導いてくれるはずだ。

開催概要

直前の記事

令和3年度 茅野市美術館 常設展 第3期収蔵作品展「自然とともに―とらえた景色」

広大な風景から身の周りの草花まで、自然が見せる多様な姿から人はそれぞれの景色をとらえる。本展では、「作家それぞれがとらえた景色」という視点で、収蔵作品のなかから洋画家・堀内唯生の特集を含む4名の作家の作品を展示する。作家

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る