京都府

煙管筒 装いの喫煙具

煙草が日本に伝来したのは16世紀末と考えられている。当時は刻んだ煙草の葉を煙管(きせる)で味わう方法がとられ、煙管は喫煙のための必需品であった。
時代が下ると、外出先でも煙草を楽しむために喫煙具が携行されるようになった。煙管を収納する煙管筒(きせるづつ)や、刻み煙草の葉を入れる煙草入などが発達し、裕福な町人らはオーダーメイドの煙管筒や煙草入を着物の帯から提げて持ち歩いた。持ち主の好みに応じた様々な技法・素材・意匠の喫煙具は、次第にアクセサリーとしての役割も果たすようになる。とくに煙管筒には、木材や象牙に彫刻したもの、蒔絵や彫漆で飾ったもの、細緻な籐編みを施したものなど多様な素材と技法が見られる。明治時代以降は帝室技芸員の手による作品も数多く残された。
本展では、日本の工芸技術が最高の水準に達した幕末から明治・大正期の名品を中心に、 手技とこだわりが込められた粋な煙管筒の数々を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る