千葉県

漆黒のモダン 漆芸家 佐治賢使展

戦後日本を代表する漆芸家、佐治賢使を取り上げた企画展を開催。佐治は市川市を中心に活躍した漆工芸界の巨匠で、漆黒の漆に施したモダンなデザインが高く評価されている。作品には、都会の夜景や川べりの景色、昆虫たちの紡ぎ出す小さな世界といった多彩なモチーフが、彩漆、蒔絵といった伝統的な技法を駆使して表現されている。
本展では、佐治の初期から晩年までの作品約40点と関連資料により、彼の創作活動の足跡をたどる。さらに、今回初出品となる、作品制作のために描かれたスケッチの数々を紹介し、佐治の卓抜したデザイン感覚を展望する。

開催概要

直前の記事

柚木沙弥郎 life・LIFE

染色家でアーティストの柚木沙弥郎(1922~)。型染めで布に模様を大胆に染めた染色作品をはじめ、版画や絵画、立体、絵本など、70年を超す創作活動は今日も続いている。近年ではIDÉEや京都のACE HOTELとのコラボレー

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る