東京都

柚木沙弥郎 life・LIFE

染色家でアーティストの柚木沙弥郎(1922~)。型染めで布に模様を大胆に染めた染色作品をはじめ、版画や絵画、立体、絵本など、70年を超す創作活動は今日も続いている。近年ではIDÉEや京都のACE HOTELとのコラボレーションなど、世代を超えて注目を集めている。
PLAY! MUSEUMでの展覧会は、柚木氏の作品を見て、見つめて、ワクワクする場。「life・LIFE」、すなわち「くらし」と「人生」がテーマだ。日々のくらしを豊かに彩ること。そしてコロナに見舞われた今日、人生をいかに大切に生きるか。1990年代から手掛ける愉快な絵本作品の原画約80点と、紙粘土と布で作られたユーモラスな約20点の人形たち、そして約50点の色とりどりの大きな布が織りなすダイナミックな展示空間は、いずれも「くらし」と「人生」を全身で感じ、謳歌するものである。

開催概要

直前の記事

奈良教育大学で学んだ書家群像

明治以降、学校教育制度が整備される中で書は実用と芸術の両面から教育として確立され、書壇を代表するような著名な作家が大学など高等教育機関の教壇に立ち、書教育の発展充実に努め、多くの作家を輩出してきました。杉岡華邨もまた昭和

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る