福島県

サーリネンとフィンランドの美しい建築(福島展)

エリエル・サーリネン(1873~1950)は、フィンランドのモダニズムの原点を築いた建築家・デザイナー・都市計画家である。ヘルシンキ工科大学の同級生ゲセリウス、リンドグレンとともに共同建築設計事務所を設立すると、若くして1900年パリ万国博覧会フィンランド館の建築を担当し、国内外に名を轟かせます。折しも国家の独立を求めるフィンランドでは、民族性と独自の文化的価値の再発見を目指す総合的な文化運動「ナショナル・ロマンティシズム」が台頭していた。彼らの花崗岩を用いた建築と、民族叙事詩『カレワラ』に由来する装飾モチーフは、フィンランドを象徴する様式として支持された。
彼らのキャリアを通じて重要な役割を担ったのが住宅建築であった。家具やテキスタイル、色彩豊かな室内透視図からは、内装を含めた総合芸術として住宅をデザインしていたことが窺われる。自分たちの事務所兼共同生活の場として郊外の湖畔に建設したヴィトレスクは、その最たる例といえるだろう。
やがて駅や都市のデザインへと活動を広げる中で、サーリネンは同僚たちと袂を分かち、独自のモダニズムを追求し始める。そして1922年にシカゴ・トリビューン本社ビルの設計競技で二等を獲得すると、翌年アメリカに移住し、自ら設計したクランブルック美術アカデミーで教鞭をとるほか、同じく建築家となった息子のエーロ・サーリネンと建築事務所を設立し、ともに設計に励んだ。
本展では、サーリネンのフィンランド時代に焦点を合わせ、図面、スケッチ、家具のデザインを通してその功績をたどりる。椅子から建築、都市計画に至るまで、常に人々の生活に寄り添ったデザインを希求したサーリネンの仕事は、生活様式の急変を余儀なくされた私たちに、今も変わらない価値を提示してくれるだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る