東京都

重要文化財指定記念特別展 鈴木其一・夏秋渓流図屏風

鈴木其一(1796~1858)の筆になる「夏秋渓流図屏風」は、岩場を削る水流のある檜の林を確かな現実感をもって描いた画面に、異様な感覚を抱かせる描写が充満する作品である。
其一は、江戸の地で、一世紀前の京都で活躍した尾形光琳(1658~1716)を顕彰し、「江戸琳派」の祖となった酒井抱一(1761~1828)の高弟だが、徹底した写実表現やシャープな造形感覚、ときに幻想的なイメージを加え、個性を発揮した。そんな其一の画業の中心にあるのが、最大の異色作にして代表作でもある「夏秋渓流図屏風」である。2020年に、其一の作品としては初めて、重要文化財に指定された。
本展では、抱一の影響や光琳学習はもとより、円山応挙や谷文晁、古い時代の狩野派など琳派以外の画風の摂取、そしてそれらを、自然の実感も踏まえつつ統合する其一の制作態度を検証して、本作品誕生の秘密を探る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る