山梨県

シダネルとマルタン展 最後の印象派

フランスで19世紀末から20世紀前半にかけて活動したアンリ・ル・シダネル(1862~1939)とアンリ・マルタン(1860~1943)。2人の画家は豊かな色彩や点描といった印象派や新印象派の表現を継承しつつ、19世紀末に広がった象徴主義的な世界観や、家族や自邸の情景といった身近なものを情感を込めて描くアンティミスト(親密派)の顔もあわせもっている。2人はフランス芸術家協会サロンへの出品などを通じて親交を深め、1900年には2人を中心として新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)が設立された。
生涯にわたる親交を結び、絵画表現における共通点も多い2人だが、シダネルは月夜や夕暮れ、食卓や庭といった静謐な風景を抑制された色調で詩情豊かに描いたのに対し、マルタンは明るい陽光に照らされた風景や人物を暗示的な表現で描き、フランス国内の公共建築の壁画を多く手がけた。
本展は2人の画家をあわせて紹介する国内初の展覧会となる。穏やかでどこか神秘的な光と色彩に彩られた画家たちの作品世界を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る