茨城県

佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在(茨城展)

佐藤雅晴は、ビデオカメラやスチルカメラで撮影した日常の風景をパソコン上でペンツールを用い、なぞるようにトレースしてアニメーション化する、「ロトスコープ」と呼ばれる技術によって映像作品を制作してきた。東京藝術大学大学院美術学科絵画専攻修了後、ドイツに渡り、国立デュッセルドルフ・クンストアカデミーに研究生として在籍したのちドイツを拠点に活動、2010年に帰国し茨城県取手市に居を構える。その直後に上顎癌が発覚、以後、闘病生活を送りながら制作に励んでいたが、2019年3月、惜しまれつつも45歳で他界した。彼の作品は、現代美術、映画、アニメ、メディア・アートの表現領域を越え、国内外で高い評価を得てきた。佐藤自らが撮影した身近な人々や身の回りの風景を忠実にトレースすることによって生み出される佐藤の作品には、現実と非現実が交錯する独自の世界観が描かれている。生前、佐藤はトレースという行為について、描く対象を「自分の中に取り込む」ことだと語っていた。それは、自身の暮らす土地や目の前の光景への理解を深め、関係を結ぶ行為ととらえることもできる。一方、佐藤の作品を見る私たちは、実写とのわずかな差異から生じる違和感や、現実と非現実を行き来するような知覚のゆらぎをおぼえる。人それぞれに多様な感情や感覚を呼び起こす佐藤の作品は、見ることの奥深さと豊かさを与えてくれるものといえるだろう。
本展では、1999年に渡独し初めて制作した映像作品《I touch Dream #1》から、死の直前まで描き続けた「死神先生」シリーズまで、映像作品26点、平面作品36点の計62点を通じ、佐藤の画業を振り返る。

開催概要

直前の記事

奥谷博―無窮へ

画家・奥谷博の大規模回顧展を開催。高知県宿毛市に生まれた奥谷は、東京藝術大学美術学部に入学し、林武に師事した。当初は師を彷彿とさせる厚塗りの画面であったが、模索の時期を経て一転、透明色の効果を活かした薄塗りに転じる。やが

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る