奈良県

中藤毅彦「エンター・ザ・ミラー」展

中藤毅彦が撮り続けるものは、モノクロームの都市スナップショット。ニューヨーク、ハバナ、上海、ロシア、パリ、東欧(ベルリン、プラハ、ブタペスト、ワルシャワ等)、香港、東京。四半世紀に渡って訪れた街で切り取られたハイコントラストで力強いトーンの作品群は見る者に強烈なエネルギーを感じさせる。中藤毅彦の写真世界を紹介する。

開催概要

直前の記事

サントリー美術館 開館60周年記念展 千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」

聖徳太子(574~622)は、推古天皇の摂政となり国の礎を築く一方で、仏教を篤く信奉し、日本仏教の祖となった人物である。太子は、没後まもなく信仰の対象となり、諸宗派の名だたる高僧や、貴族から庶民に至るまで、人々の尊崇を集

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る