奈良県

上村松篁展 「美の構成」に触れる

上村松篁(1902~2001)は日本画家・上村松園の長男として京都に生まれ、近現代の京都画壇において格調高い花鳥画を描き続けた。幼少期からの精緻な観察力と伝統的な円山四条派の写生を軸に、近代的な構成を持つ洗練された花鳥画のスタイルを確立した。
本展では、松篁が50年間も胸の中で温めていたモチーフである、火炎木と印度孔雀とスコールを描いた70歳時の代表作「燦雨」の本画をはじめ、作品の制作過程を知ることのできる下絵や素描をあわせて展覧し、伝統の中で育まれ、自然の神秘に触れて織りなす松篁芸術の「美の構成」に迫る。

開催概要

直前の記事

TECHNICOLOR’S 吉野石膏コレクション meets コンテンポラリー・アート vol.1

吉野石膏コレクションのうち、新収蔵作品を含めて日本画・西洋画の32作品をご紹介します。本展では、所蔵する名画と吉野石膏美術振興財団が支援する若手作家6名の作品とのコラボレーション展示を試み、展覧会の新たな発信に取り組みま

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る