神奈川県

「エミール・ガレとライバル」展

エミール・ガレ「茄子型ランプ」世界初公開!

エミール・ガレは1889年と1900年に開催されたパリ万博で、グランプリを受賞しガラスを芸術の域に高めることに成功しました。
フランスではガレの後を追うように次々と高度な技術を持ったガラス作家が誕生しました。
繊細な絵付作品で「ガラスの印象派」と呼ばれたドーム兄弟。
歯科技工士から転身し、幻の技法パート・ド・ベールを極めたアルジー・ルソー。
ジュエリー作家から転身し大成功を収めたルネ・ラリック。
今展ではアール・ヌーヴォー、アール・デコ期に活躍したガレとそのライバルたちの作品約50点を展示いたします。
この機会にガラス芸術の魅力をご堪能下さい。

エミール・ガレ「茄子型ランプ」
ドーム「雪景色文ランプ」
ルソー「樹木ランプ」
ラリック「ダミエ」

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る