東京都

目黒区美術館コレクション展 日々のよろこび 2021

2020年1月頃より拡大した新型コロナウイルスの感染により、私たちは幾度かの緊急事態宣言による自粛生活を経験した。外出や移動の自粛、マスクの着用など、私たちの生活の自由は様々に制限を受けた。しかし、息苦しい生活の中にあっても、私たちの日々の暮らしの中にはちょっとしたよろこびがある。
本展が開会した後、11月30日からは「障がいのあるアーティストによる作品展 日々のよろこび2021」展を同時開催する。この同時開催展に関連し、本展では同館のコレクションの中から、ほのかな心地よさや温もり、幸せなどを感じさせるような作品を取り上げ、私たちが何気ない日常の中で 感じる「よろこび」に着目する。
苦しい状況の中にあっても、むしろそのような状況下でこそ、芸術は私たちの心に潤いを与えてくれることがある。本展をとおし、美術館に足を運 び作品を観ること自体が、私たちの暮らしの中の「日々のよろこび」となってほしい

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る