東京都

サントリー美術館 開館60周年記念展 千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」

公式サイト

聖徳太子(574~622)は、推古天皇の摂政となり国の礎を築く一方で、仏教を篤く信奉し、日本仏教の祖となった人物である。太子は、没後まもなく信仰の対象となり、諸宗派の名だたる高僧や、貴族から庶民に至るまで、人々の尊崇を集めてきた。本展では、聖徳太子が没して1400年を迎えることを記念し、太子信仰の中核を担ってきた大阪・四天王寺の名宝を中心に、現代まで続く太子信仰の広がりを紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る