NEW 東京都

Which Mirror Do You Want to Lick?(どの鏡を舐めたい?)デザインにおける虚構と現実の狭間

デザインが生み出すのは「虚構」か「真実」か。
リサーチと対話から答えなき問いを「翻訳」するプロジェクト、東京藝術大学陳列館にて展覧会を開催。
フェイクニュースやイメージ編集で正しさの定義が揺らぐ今日、デザインが生み出すのは「虚構」か「真実」か。デザインされたイメージや物体が立ち上げるオルタナティブ・リアリティをテーマに、2016年のブルノ・ビエンナーレ(チェコ)を皮切りに欧米諸国を巡回してきたプロジェクト「Which Mirror Do You Want to Lick?(どの鏡を舐めたい?、略称WMDYWTL?)」の日本版が2021年秋、東京藝術大学を舞台に開催される。
実現しなかったデザイン案や実在しないアーティストの作品などをテーマに集めたこの展示は、近年のビジネスやテクノロジー指向の議論からは見えてこない、デザインの意味づけや問いかけとしての側面を浮かび上がらせる。開催される場所や時期にあわせて内容を発展させてきた同展だが、今回は日本および「教育」というコンテクストに挑戦。東京藝術大学の学生たちがキュレーターたちとともに同展のこれまでの展示内容を日本に「翻訳」する。また、テンプル大学ジャパン日本グラフィックデザイン史クラスも特別冊子で展示参加。
キュレーションを手がけるのは、クリティカルなデザインの最前線で活動するデザイ ナー集団アバケ、ユニークな書体デザイン知られるラディム・ペスコ、グラフィックアートのキュレーターとして活躍するソフィ・デデレン。また、日本巡回展のゲストキュレーターには東京藝術大学デザイン科教授の松下計、『アイデア』前編集長の室賀清徳、グラフィックデザイナーの鈴木哲生を迎える。全42 作品を対話とワークショップを通じて「翻訳」するプロセスのなかで、展覧会はさまざまな変化を遂げていった。本展は思想そして文化としての「デザイン」に向き合う重要な機会となるはずだ。

開催概要

直前の記事

NEW

サウンド&アート展-見る音楽、聴く形

本展は「見る音楽、聴く形」をテーマに、新しい創造的な楽器やサウンドをめぐる作品を集めた展覧会です。 美術と音楽の歴史を紐解いてみると、そこにはさまざまな交差点があります。一般的に「音楽」といえば、楽譜に書かれたものを楽器

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る