NEW 埼玉県

没後70年 吉田博展(埼玉展)

明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として才能を発揮していた吉田博(1876~1950)。彼はもう一つ、版画家としての顔を持っている。吉田が自身の監修で木版画制作を始めたのは1925年、49歳のことであった。
吉田は版画を制作する上で、浮世絵に連なる伝統的な木版システムを採用。彫り・摺りを常勤の職人に担当させ、分業による高度な技術を積極的に活用した。一方で吉田はただ原画を手掛けるだけでなく、自身も彫り・摺りの技術の研究に努め、時に自ら手掛け、全工程を熟知した上で厳しく監督した。そうして制作された版画は、洋画家として培った写実性と、国内外を巡り、自然の中に飛び込むことで体得した吉田独自の視線を余すところなく表現している。平均摺数は三十数度。水の流れや光のうつろいを驚くほど繊細に描写した版画は国内外で人気を博し、かのダイアナ妃にも愛された。
本展では吉田の没後70年にあたる節目に、後半生の大仕事として制作された木版画約150点を一挙公開。また、版木や制作の基礎となるスケッチもあわせ、その繊細な表現が生まれる過程をじっくりと紹介する。

開催概要

直前の記事

NEW

Which Mirror Do You Want to Lick?(どの鏡を舐めたい?)デザインにおける虚構と現実の狭間

デザインが生み出すのは「虚構」か「真実」か。 リサーチと対話から答えなき問いを「翻訳」するプロジェクト、東京藝術大学陳列館にて展覧会を開催。 フェイクニュースやイメージ編集で正しさの定義が揺らぐ今日、デザインが生み出すの

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る