NEW 愛知県

曽我蕭白 奇想ここに極まれり

力強い筆墨と極彩色で超現実的な世界を描き出した蕭白のあくの強い画面は、グロテスクでありながらおかしみもたたえ、見る人をひきつけて止まない。
本展では、強烈な印象を与える蕭白の醜怪な表現を紹介すると共に、その原点となった桃山時代の絵画、そして江戸時代初期の絵画との関係を掘り下げることで、蕭白がいかにして型を破り、奇矯な画風を打ち立てたのかを明らかにし、また晩年の作品への変化を通して画業の到達点を見定める。
愛知県美術館は、平成25(2013)年に「円山応挙展―江戸時代絵画 真の実力者」、平成29年(2017)年に「長沢芦雪展-京のエンターテイナー」を開催。理屈抜きのわかり易さと優美さで京の画壇を席巻した応挙と、奇抜な構成と自在な筆致で人々を驚かせ愉しませた芦雪、それに継ぐ企画として、曽我蕭白を取り上げる。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る