東京都

「我に触れよ(Tangite me):コロナ時代に修復を考える」

「我に触れよ」――修復を必要とする作品はこのように語りかけているのかもしれません。普段、私たちは芸術作品と距離をとり、触らずに鑑賞することが求められます。一方、修復は作品に近づき、直接触れること無くしては成立しません。「我に触れよ」という作品の聲を聞き、触れることが許された時、私たちはどのように応えるべきなのでしょうか。

慶應義塾では、長年にわたり所蔵作品の保存修復を行い、作品を受け継いできました。それらは東京大空襲で図書館と共に被災した大型大理石像や、移設を経て今も三田キャンパスの食堂を飾る壁画、青写真感光紙を接いだ全長約12メートルにおよぶ作品など、素材も設置状況も様々です。

本展では、個々の作品の特性に応じた多様なケアの在り方と手法に注目し、シンポジウムやワークショップを通じて、皆さんと修復について共に考えることを目指します。接触の機会が奪われているこのコロナの時代に、本展が改めて「触」の観点から芸術作品と向き合う機会となれば幸いです。

南会場:慶應義塾大学アート・スペース (三田キャンパス 南別館1階)
http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/tangite-me/

東会場:慶應義塾ミュージアム・コモンズ展示室(三田キャンパス 東別館)

開催概要

直前の記事

やなせたかしと3びきのライオン

やなせたかしの人生のターニングポイントに登場する3びきの「ライオン」を通して、やなせたかしの生涯と作品を紹介する展覧会を開催します。 養父母に育てられた幼少期から、戦後、漫画家として独立するきっかけとなった日本橋三越宣伝

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る