東京都

特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」

公式サイト

少年マンガは男性が、少女マンガは女性が描くもの、という印象を持っている人はけして少なくないと思います。しかし、トキワ荘のマンガ家は多くが男性。では、一体だれが少女マンガを描いていたのでしょうか?
実は、トキワ荘に住んでいたほぼすべてのマンガ家が、少女マンガを描いていました。本展では、トキワ荘の各マンガ家による少女マンガの一部を、直筆・複製原稿や、掲載誌・単行本などでご紹介するとともに、新たに調査した作品リストを展示いたします。また、当時の少女向け雑誌ではどのような作家が活動されていたのか、その状況などもあわせてご紹介していきます。

■展示で取り上げるマンガ家

手塚治虫
寺田ヒロオ
藤子・F・不二雄
森安なおや
石ノ森章太郎
赤塚不二夫
水野英子
よこたとくお
山内ジョージ

開催概要

直前の記事

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜—モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン

約50万点の文化財を所蔵するエルサレムのイスラエル博物館は、印象派も珠玉のコレクションを誇る。本展は同館から、印象派に先駆けたクールベ、コロー、ブーダン、そしてモネ、ルノワール、シスレー、ピサロ、この流れを発展させたポス

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る