NEW 千葉県

戸谷成雄 森―湖:再生と記憶

公式サイト

「彫刻」の概念の再構築を試み、一貫して「彫刻とはなにか」を追求し続けてきた日本を代表する彫刻家、戸谷成雄。チェーンソーで木を彫り刻むことで生まれる作品には、文明論的近代批判、人間への洞察、土地の記憶、自然への想像力が深く刻み込まれている。本展では、ダムの建設により誕生した人工湖の畔にたたずむ同館の時空間をひとつのインスピレーションとして、巨大なヴォイド(アトリウム空間)を中心に、<森><土地><水脈>に連なる作品を展観する。戸谷の彫刻世界の新たな魅力を発見してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る