NEW 静岡県

MOA美術館コレクション 歌川広重 保永堂版 東海道五十三次展

天保4(1833)年、浮世絵師 歌川広重(1797~1858)により刊行された「東海道五十三次」は、江戸から京を結ぶ東海道の宿場と起点の日本橋、終点の京師を加えた全55枚で構成されている。宿場ごとにその土地の景観や風俗を描いた浮世絵版画は当時大変な人気を博し、その後も東海道を主題にしたシリーズが数多く制作された。
本展では、MOA美術館の所蔵コレクションより、広重の代表作「保永堂版 東海道五十三次」から、静岡県内の宿場に各地の名所を織り交ぜながら紹介する。これ加え県内においてはその後に出版された「隷書東海道」を展示し、その違いも見比べながら展覧する。
東西に長い静岡県は最も多くの場面が登場する。季節や天候の変化、各地の名物や旅人の交流など、道中のさまざまな情景を情緒豊かに描いた江戸の旅を楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る