東京都

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(東京展)

小早川秋聲(885~1974)は、大正から昭和にかけて、京都を中心に活躍した日本画家。鳥取の光徳寺住職の長男として生まれた秋聲は、9歳で京都の東本願寺の衆徒として僧籍に入った。その後、画家になることを志し、日本画家の谷口香嶠や山元春挙に師事、文展や帝展を中心に入選を重ね、画技を磨いた。また、旅を好んだ秋聲は、北海道、山陰、紀州など日本各地を絵に描き、国外では複数回の中国渡航に加え、1922年から23年にかけてアジア、インド、エジプトを経てヨーロッパ十数ヵ国へ遊学。1926年には北米大陸を横断し、日本美術の紹介にも努めた。やがて、従軍画家として戦地に何度も赴くようになり、数多く描いた戦争画のなかでも代表作に挙げられる《國之楯(くにのたて)》は深く印象に残る1点だ。
本展は、初期の歴史画から、初公開の戦争画、晩年の仏画まで、百余点で小早川秋聲の画業を見渡す初めての大規模な回顧展となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る